「ホントは効果なし!?」ココナッツオイル【ビタミンE】含有量はどれくらい?

ココナッツオイルはスキンケアにも効果的だといわれる、魅力的なオイルです。

でも実は、「あまりスキンケアには適していない」かもしれないというウワサも。

Coconut oil ココナッツオイル

それは、ビタミンEの含有量についてです。

本当はあまり美容効果がないかも!?というココナッツオイルの疑問を解消するために、今回はココナッツオイルのビタミンE含有量についてご紹介します。

 

ビタミンEがもたらす、肌への美容効果とは?

Coconut oil ココナッツオイル

美容オイルにも含まれている栄養素「ビタミンE」。

とても優秀で、特に女性にとって嬉しい大切な栄養素なんです。

ビタミンEには次のような3つの効果が期待できます。

1 高い抗酸化作用

肌を老化へと導く「活性酸素」は、シミやくすみなどの原因となります。

もともとは身体を守るために発生するのですが、大量に発生してしまうと悪影響を及ぼし始めます。

 

そんな活性酸素の活動を抑制し、肌トラブルを予防・改善に導くのがビタミンEの抗酸化作用です。

活性酸素の影響があるのは次の通りです。

 

  • 肌の乾燥・老化
  • シワ
  • シミ
  • たるみ
  • 髪のパサつき
  • 体内の細胞を傷つける
  • ガン
  • 生活習慣病のリスクを高める

 

このように、お肌や体内に「ビタミンE」の抗酸化作用は影響があります。

体内でも脂質を含む細胞膜にはビタミンEが溶けて存在しています。

ビタミンEの抗酸化作用で、細胞膜が参加することを防止します。

 

ビタミンEはそれ自体が活性酸素と結びつきやすい性質を持っているため、活性酸素とすばやく結合して活性酸素を除去し、細胞が酸化されるのを防ぎます。

体内ではビタミンEは細胞膜に多く存在し、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれているのです。

 

2 女性ホルモンの分泌を整える

ビタミンEの化学名は「トコフェロール」と呼ばれています。

この「トコフェロール」という意味は、「子どもを生ませる」という意味を持つそうです。

ビタミンEはもともと、不妊を解消するビタミンとして発見されたのです!

 

ビタミンEは副腎や卵巣に蓄えられ、女性ホルモンの分泌を調整します。

女性ホルモンによって生殖機能が維持されています。

 

また、ビタミンEによって月経前症候群や生理痛、生理不順などを改善する効果も認められています。

更年期の症状に対しても緩和する効果が期待されており、女性にとって嬉しい効果がたくさん期待できるのです♪

 

 

3 血行不良を改善する効果

ビタミンEは自律神経を調整し、血管を拡張する働きがあります。

そのため、手足の先などの細かい血管の血行を高めます。

 

血流が通うことで手足の冷えが改善され、全身に必要な栄養素がいきわたりやすくなります。

しかも、血管や血液成分の酸化を防ぐ効果もあります。

そのため、血栓ができにくいように血液の流れもスムーズにしてくれます。

血流改善によって、ダイエットや肌の新陳代謝に効果を発揮したり、冷えや肩こり改善にも症状緩和作用が働きます♪

 

そのため、逆にビタミンEが不足すると、不妊、動脈硬化、神経障害、溶血性貧血、肌のシミやくすみ、肩こり、冷え性などの症状が起こりやすくなります。

ただし、たくさん摂取すれば良いというわけでまりません。

ビタミンEを摂りすぎると、出血しやすくなるなどの影響が起こる場合もあります。

 

ココナッツオイル【ビタミンE】含有量はどれくらい?

Coconut oil ココナッツオイル

ビタミンEは私たち人の肌や体内に、嬉しい効果をもたらしてくれます。

では、ココナッツオイルにはこのビタミンEはどれくらい含まれているのでしょうか?

 

「ビタミンEが豊富に含まれている」と言われていますが、実際の含有量はというと次の通りです。

ココナッツオイルのビタミンE含有量 100g = 0.33mg

この量が多いかどうか、これだけでは判断しずらいですよね。

そこで、同じようにオイルで比べてみましょう。

100gあたりの、おおよそのビタミンEの含有量で比較したものです。

 

オイルのビタミンE含有量(100gあたり)

ココナッツオイル 0.33mg
アルガンオイル 22.8mg
オリーブ油 7.6mg
ごま油 4.8mg
米ぬか油 26.4mg
ひまわり油 39.2mg

 

他のオイルと比較をしてみても、ココナッツオイルのビタミンE含有量はとても低いです。

そのため、ビタミンEの効果はココナッツオイルを使っても、ほとんど得ることができないことがわかります。

 

美容オイルで【ビタミンE】の効果をゲットするには!?

Coconut oil ココナッツオイル

美容オイルを使ってビタミンEの効果を得るには、もっともおススメのオイルは「アルガンオイル」です。

アルガンオイルに含まれるビタミンEの含有量は、オリーブオイルの2~3倍と言われ、高い抗酸化作用が期待できます。

 

しかも、アルガンオイル自体が酸化しずらいオイルなので、ココナッツオイル同様に「品質」の安定性が高いです。

スキンケアに使用しやすく、使用する品質もとても良質で人気もあります。

 

アルガンオイルとココナッツオイルのスキンケア別に見たときに、おススメのスキンケアがあります。

それぞれに適した使い方や、適した肌質に使うことで、よりそれぞれのオイルの魅力を引き出すことが可能になりますよ♪(→アルガンオイルとココナッツオイル、適した肌質と使い方とは?)

 

>>ココナッツオイルの美肌効果と口コミは?

 

>>公式サイトはコチラ!