「え?いいの?」ココナッツオイル【身体に塗る】ってOK?デメリットや副作用の心配は?

食用のココナッツオイルは有名ですが「体に塗ってもいいのかな」と心配になりますよね。

身体に塗って、デメリットや副作用があったら・・と思うと、なかなか使う勇気が出ないことも。

Coconut oil ココナッツオイル

そんなアナタに、ココナッツオイルを体に使用しても良いのかどうか、ご紹介します。

 

「え?いいの?」ココナッツオイル【身体に塗る】ってOK?

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルは「料理」や「お菓子」に使われているので「体に塗ってもいいんじゃないかな・・」と思いますよね。

私もそう思っていました。

 

ですが!

ココナッツオイルには「食用」と「スキンケア用」、「食用とスキンケア併用」の3種類があるんです♪

ココナッツオイルにもグレードがあり、そのグレードによって使う目的が左右されます。(→ココナッツオイルのグレードとは?)

また、スキンケア用には天然成分以外にも少しだけ違う成分が含まれているものもあります。

 

ってことは、食用のココナッツオイルはお肌に塗ったらダメってこと?
絶対にダメ!というわけではありません。

ただし、食用のココナッツオイルは肌質によって刺激となって、肌トラブルを起こす可能性もあります。

 

そのため、すべてのココナッツオイルを体に塗ることができるわけではないのです。

食用のココナッツオイルは、ココナッツの風味を強めるために、あえて「不純物」を残している場合があります。

天然成分には変わらないけれど、その不純物が肌の刺激になってしまうことがあるのです。

 

だから!

お肌に使う場合は、できるだけスキンケア用のココナッツオイルを使用することがおススメです♪

スキンケア用のココナッツオイルを使うことで、肌トラブルのリスクも少なくなるので安心して使うことができます。

 

ココナッツオイル、体に塗るときはパッチテストを!

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルは刺激が少なく、お肌に優しいオイルです。

品質の信頼できるメーカーさんで購入することで、天然成分で安全性も高いといえます。

 

ただし、だからといってすべての肌質にマッチするとは言えません。

特に「ナッツアレルギー」を持っている場合、アレルギー反応を起こすことがあります。

お肌に使用する前に、必ずパッチテストをしましょう!

 

パッチテストの方法

  1. 二の腕の裏の皮膚が柔らかい場所に、ココナッツオイルを少し塗る
  2. その上からカットバンをはる
  3. 24時間、そのまま放置をする

カットバンを貼ってから、数時間おきに様子をみましょう。

少しでも炎症を起こしたり、違和感があるようであれば、すぐに洗い流してください。

 

24時間以上経過しても、お肌に異常がなければ使用してもOKです。

ただ、使う範囲は少しずつ広げるようにしてください。

 

一度に広い範囲に使って、お肌に異常が起こる場合もあります。

はじめは狭い範囲から、少しずつ広げていくと安心です。

 

ココナッツオイルの身体に使う使い方

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルをスキンケアとして使用するには、多くの使い方があります。

次の方法があるので、興味があるケアのところをクリックすると、詳しい使い方を見ることができます。

 

ココナッツオイルの使い方

 

ココナッツオイルの正しい使い方をすることで、お肌に嬉しい効果を発揮してくれます。

ただし、逆に「正しくない使い方」をすれば、お肌に逆効果を与えてしまうこともあります。

だからこそ、オイルの正しい使い方を知っておくことで、トラブルを予防することもできるんです!

 

ココナッツオイルで体に塗って嬉しい効果を♪

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルのグレードや、使用目的をしっかりと選んで使用しましょう。

そうすることで、体にとって嬉しい効果を発揮してくれます。(→ココナッツオイルの選ぶポイント!グレードとは?)

 

また、正しい使い方を知ることでお肌のトラブルを回避することもできます。

食用では「ダイエット効果」や「健康促進効果」。

スキンケアでは「美肌・美白効果」を引き出す助けをしてくれるココナッツオイル。

 

身体のためにも、正しいタイミングで正しく使っていきましょう。

 

>>ココナッツオイルの美肌効果と口コミは?

 

>>公式サイトはコチラ!