ココナッツオイルを【サンオイル】に使ってもOK!?紫外線予防効果ってどれくらいなの?

ココナッツオイルには、お肌に塗るとある効果があるってご存知ですか?

その効果とは「紫外線」と関係があるんです。

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルもオイルの一種なので、肌に塗ることで「サンオイル」のような役割があるのではないかと期待もしちゃいますよね。

そこで、ココナッツオイルをサンオイルとして使用できるのか、また紫外線とどんな関係があるのかご紹介します。

 

サンオイルと紫外線の関係とは?

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルと聞くと、「オイル」とついているので、サンオイルに使えそうなイメージがありますよね。

ココナッツオイルはお肌に塗ることもできるし、美容効果も高いオイルです。

そんなオイルがサンオイルに使えると嬉しいものです。

 

ココナッツオイルはオイルといっても、とてもサラサラした感触です。

オレイン酸やラウリン酸が含まれているため、お肌にスッと浸透し、お肌の免疫力を高める効果もあります。

 

じゃあ、サンオイルとして使用してもOKなの?

その答えは、サンオイルが果たすお肌への役割りと、ココナッツオイルに含まれる紫外線カット効果について触れながらお答えします♪

サンオイルの役割

サンオイルには実際どんな役割を果たすかというと・・・

サンオイルは、肌を紫外線から守りながら、綺麗に日焼けすをすることを助けるオイルの役割を果たす!

紫外線に当たることで、お肌は日焼けをします。

しかし、その紫外線をお肌がすべて吸収し、何のケアもしなければ「肌は火傷」を負った状態になってしまうんです。

 

強すぎる紫外線は、肌の奥にある細胞を破壊します。

そして、肌の細胞はお肌を守るために「メラニン色素」や「活性酸素」を大量に作りだします。

でも、過剰に発生してしまう「メラニン色素」と「活性酸素」はシミやくすみなどの、肌老化の原因につながってしまうんです。

 

しかも!!

お肌は紫外線によって強いダメージを受けると、強い乾燥を引き起こします。

肌の表面は荒れ、カサカサとした肌つきになり、日焼けをした数日後には皮がボロボロと剥け始めてしまいます。

 

それは・・・

直接強い紫外線に当たることは、日焼けにムラができたり、皮が剥けたりして、キレイな日焼けにならない可能性が高いんです。

だからこそ、キレイな日焼けをするためにはサンオイルが必要なんです。

サンオイルには、紫外線を程よくカットする成分が含まれており、紫外線で日焼けが程よくできるように作られています。

 

 

紫外線には2種類ある!

Coconut oil ココナッツオイル

紫外線には紫外線A波とB波の2種類があります。

紫外線の種類が違うということは、お肌に与える影響も違うということです。

 

紫外線A波

サンタン(綺麗な日焼け)ができる紫外線。

 

1年の間、ほとんど量は変わらず降り注いでいます。

 

 

A波はB波よりも肌の奥の方にまで到達し、長い時間をかけて少しずつ肌に影響が出てきます。

 

それはシワやシミを作る原因とも言われています。

 

紫外線A波を防ぐ成分として、日焼け止めには「PA」と表記されています。

紫外線B波

サンバーン(日焼けによる肌の炎症)を引き起こす紫外線。

 

夏に肌が真っ赤になって日焼けしたり、ヒリヒリした炎症を引き起こします。

 

 

とても強力で、肌の表面を傷つけます。

 

シミや皮膚がんなどの原因にもなると言われています。

 

紫外線B波を防ぐ成分として、日焼け止めやサンオイルには「SPF」と表記されています。

 

サンオイルには、強い日焼けを引き起こす「紫外線B波」をカットする成分が入っています。

それは、強すぎる紫外線を程よい量までカットし、日焼けによる火傷を予防するためです。

 

そして、紫外線A波の効果をお肌に与え、ゆるやかに日焼けの症状を引き出します。

そうすることで、日焼けムラや炎症を防ぎながら、キレイに日焼けをすることができるのです。

サンオイルは、肌を黒くするためのオイルではなく、肌をキレイに焼くために「紫外線の量を調節する」目的で使用されているということです。

 

ココナッツオイルを【サンオイル】に使ってもOK!?

Coconut oil ココナッツオイル

サンオイルは紫外線の量を調節するためにお肌に使います。

では、ココナッツオイルはサンオイルとして使用することができるのでしょうか?

その答えは、半分イエスで、半分ノーです。

 

その理由は、ココナッツオイルには「紫外線B波」をカットする効果があります。

ココナッツオイルがカットできる紫外線は約20%と言われています。

そのため、ココナッツオイルを塗っておくことで、過度な紫外線を少しだけカットすることができます。

 

しかし、サンオイルはキレイに「焼けるように」、そして「肌を紫外線から守る」ように出来てます。

しかし、ココナッツオイルは天然成分なので、キレイに肌を焼くための成分が整っていません。

また、ココナッツオイルは酸化しずらいといわれるオイルですが、必ずしもサンオイルのような役割を果たすとは言い切れないのです。

 

キレイに日焼けはしたいけど、サンオイルのような人工的なものは使いたくない!という方にはココナッツオイルはおススメです!

ただし、その効果は天然成分なので、高い効果は期待できません。

また、完全に自己責任で行うこととなります。

 

ココナッツオイルを【サンオイル】に使う場合は、品質に注意!

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルにはグレードがあります。

グレードによって、ココナッツオイルに含まれる不純物の量が異なるのです。

 

不純物が多いと、不純物のある部位だけ「強い日焼け」を起こすなどの、肌トラブルにつながる可能性があります。

そういったリスクを低くするためにも、純度の高い、グレード良いココナッツオイルを使う必要があります。(→ココナッツオイルのグレードとは?不純物の少ない種類はどれ?)

 

また、サンオイルやココナッツオイルを使っても「紫外線A波」を防ぐことはできません。

そのため、長期的に考えると「シミ」「シワ」の原因となることがあります。

日焼けをするということは、そういったリスクがあることを理解した上で使用しましょう。(→紫外線A波の本当の影響とは?日焼けは本当は身体によくない?)

 

日焼けをした後のケアによって、日焼けしたお肌を保てる期間も変わってきます。

できるだけキレイな日焼け肌をキープするためには、日焼け後に正しい日焼けケアを行いましょう。

そうすることで、キレイな小麦肌をできるだけ長くキープできます。(→キレイな日焼け肌をキープするためには?正しい日焼け後のケアとは?)

 

>>ココナッツオイルの美肌効果と口コミは?

 

>>公式サイトはコチラ!