ココナッツオイル【スプレー】の作り方と使い方、超カンタンに艶髪をゲット!?

ココナッツオイルには、ヘアケアで髪にツヤやハリをもたらす効果が期待できます。

でも、毎日のケアにオイルを取り入れるのは面倒だと思うこともありますよね。

Coconut oil ココナッツオイル

例えば、オイルに不純物が入らないようにするために、直接瓶に手を入れられなかったり、何かと手間がかかります。

では、そういった手間がかからないケアでヘアケアができるとしたらどうでしょうか?

今回は、ココナッツオイルでスプレーを作る方法と、その効果的な使い方をご紹介します。

 

ココナッツオイル【スプレー】で、超カンタンに艶髪をゲット!?

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルには、ヘアケアに必要な成分がつまっています。

しかも、天然成分で作られるオイルなので、体に悪影響を与えるような化学成分が含まれていません。

そのため、安心して使用することができるオイルなんです。

 

ココナッツオイルをヘアケアに使うメリットはたくさんあります。

ココナッツオイルをヘアケアに使うのが向いている人の特徴は次の通りです。

 

ココナッツオイルでヘアケアをするのがおススメな人の特徴

  • 髪が乾燥でパサつく
  • 枝毛や切れ毛が多く、毛先が広がる
  • ブラシのたびに髪がからまる
  • 紫外線に長い時間当たる
  • プールや海などによく入る機会がある
  • 美容室でヘアトリートメントをしたいけど時間がない
  • 自宅でもヘアトリートメントをしたい
  • ツヤのある髪になりたい
  • サラサラの髪になりたい

 

ココナッツオイルには、これらを改善するための成分が含まれています。

紫外線やストレスの影響を受けやすい髪を守り、しっとりと落ち着かせてくれます。

また、乾燥を防ぐため、パサついて広がりやすい髪をまとまりやすくしてくれるのです。

 

髪の乾燥が予防され、紫外線や熱から髪が守られることによって、髪の広がりやパサつきは抑えられます。

そして、髪へのダメージも減るので、枝毛や切れ毛を予防・改善することにもつながるのです。

ココナッツオイルは、サラッとしているので髪にスッと浸み込み、髪をサラサラにしてくれます♪

 

 

ココナッツオイルをスプレーにする5つの理由

Coconut oil ココナッツオイル

でも、そんなに髪に効果があるなら、わざわざスプレーにしなくてもいいんじゃないの?

そう思ったアナタ。

実は、ココナッツオイルを使うにあたって注意することがあります。

それが面倒だと感じる方にとっては継続がしんどくなってしまうことがあるんです。

 

次の方法がカンタンで継続しやすいので、ココナッツオイルを使いたいけど「面倒」と思っている方は参考にしてみてください。

ココナッツオイルをスプレーにすると便利な理由は、5つあります♪

1 瓶の中に不純物を入らないようにする気遣い

ココナッツオイルを使う際、販売されている瓶のまま使うことが多いと思います。

しかし、オイルは天然成分なので、瓶の中に不純物が入ると「劣化」や「酸化」につながる恐れがあります。

そのため、直接瓶の中に手を入れたり、汚れたものでオイルをすくうことはできません。

 

使うたびに不純物が入らないように気を遣うのは、ちょっと面倒ですよね。

できればサッと取って、さっと使えるようになりたいです。

スプレーにすることによって、この手間がなくなり、使いたいときにスッと使うことができちゃいます。

 

2 オイルは湿度に弱い

実は、ココナッツオイルのような酸化しずらいオイルでも、基本的にオイルは「湿度に弱い」という特長があります。

そのため、お風呂場などに置いておくと「カビ」の原因になることがあるんです。

 

美容目的で使用しているので、使っているオイルにカビが生えているのは逆効果です。

湿度の影響を受けないようにオイルを使うことが必要になるため、オイルを良く使う浴室付近にココナッツオイルを置いておくことはおススメできません。

 

でも、それってとても面倒ですよね。

そこで、スプレーとして少量ずつ作っておいておくことで、カビが生えないように予防することができます。

もし万が一、スプレーにカビが生えても、新しいスプレーを作ることができるので、直接瓶でココナッツオイルを使うよりも「リスク」が低くなります。

 

 

3 初めて使う人にも使いやすい

オイルデビューをするとき、どれくらいの量を使ったらいいのか迷っちゃいますよね。

でも、スプレーで使うことによって、使いすぎを防ぐことができます。

少しずつ使う量を増やすことができるので、一度に大量につけることを予防します。

 

4 出かける前にもサッと使える

出かける時や、ちょっとした屋外での作業など、髪が紫外線の影響を受けることがあります。

そういったときに、外にでる直前に髪にサッと吹きかけることができます。

 

ココナッツオイルには紫外線をカットする効果も含まれています。

スプレーをすることによって、紫外線による乾燥やダメージを予防し、髪の広がりを抑えます。

 

5 体に使う場合も全身に塗りやすい

ヘアケアだけでなく、体にも使うことができます。

ココナッツオイルを体に使うことによって、肌の乾燥を防ぎ、お肌に潤いをもたらします。

 

スプレータイプを使用することによって、背中などの塗りにくい場所でもココナッツオイルの効果を届けることができます。

サッと吹きかけて、するっと肌に広げることができるため、とっても塗りやすいです。

 

ココナッツオイル【スプレー】の作り方・使い方

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルでスプレーを作る方法と、その使い方を見ていきましょう。

とっても簡単なので、慣れると1分もかからないで作ることができます。

ココナッツオイルスプレーの作り方

用意するもの

  • ココナッツオイル
  • 精製水
  • スプレーボトル
  • 精油(お好みで、あってもなくてもOK)

作り方

  1. スプレーボトルに、精製水とココナッツオイルを1:1の割合で入れる
  2. 好みで精油を入れる
  3. 使用する前に、シャカシャカと振ってオイルと精製水をよく混ぜる

しっかりと混ぜることによって、美容液のような感じになります。

注意
ココナッツオイルは25℃以下になると固まる性質があります。

そのため、寒い季節にはスプレーから出てこなくなる可能性もあるので、使用する時期や保管する場所によって使用ができなくなることもあります。

 

ココナッツオイルスプレーの使い方

使い方はとっても簡単で、そのままスプレーで吹き替えるだけです。

私も使用していますが、ココナッツオイル単体で使用するよりも、肌や髪に馴染む早さが早く感じます♪

ココナッツオイルスプレーのおススメの使い方

  • ヘアケア(濡れた髪、乾いた髪の両方にOK)
  • ヘアセットの前(ヘアアイロンやドライヤーの前)
  • 身体の保湿
  • 顔の保湿

このように、全身に使用することができます。

通常のオイルを塗るよりも、さっと広げることができるので、オイル初心者の方でもおススメです♪

 

ココナッツオイル、品質には気を付けて!

Coconut oil ココナッツオイル

ココナッツオイルでスキンケアをすることは、お肌や髪にとっても効果的です。

特にヘアケアの頭皮パックや、顔のパック、ココナッツオイルを使ったスクラブのケアなどの「ディープケア」はとても人気があります。

 

それは、ココナッツオイルの持つオイルとしての成分のおかげです。

他のオイルに比べても「抗菌・抗酸化作用」が高いため、よりクレンジング効果などが高いんです♪

 

ただし、そういったスキンケアにココナッツオイルを使う際は「品質」に注意をしましょう。

食用とスキンケア用ではオイルの品質が大きく違います。

お肌に間違ったダメージを与えないためにも、ココナッツオイルはできるだけスキンケア用のオイルを選ぶようにしましょう。(→ココナッツオイルのグレードとは?スキンケア用と食用の違いってなに?)

 

>>ココナッツオイルの美肌効果と口コミは?

 

>>公式サイトはコチラ!