ココナッツオイル【糖質制限】目安の量ってどれくらい?

ココナッツオイルに含まれる成分が、ダイエット効果をもたらしてくれると評判です。

しかし、それには「糖質制限」が必要ってご存知ですか?

Coconut oil ココナッツオイル

効率的にダイエットをするためにも、「糖質制限」の目安は知っておくと便利です♪

どれくらいの糖質制限が必要なのか、今回はご紹介します。

 

ココナッツオイル【糖質制限】目安の量ってどれくらい?

Coconut oil ココナッツオイル

ダイエットをするのであれば、おススメは「ココナッツオイル」と言われるくらい、今では周知されているココナッツオイル。

身体に脂肪として蓄積されにくく、エネルギーとしてすぐに消費される特徴があります。

そのため、代謝をアップさせ、脂肪を燃やしやすい体にしてくれるというもの。

 

この機能を助けるのが「ケトン体」です。(→ケトン体ダイエットとは?)

しかし、ケトン体は「ブドウ糖」である「糖」があると上手に生み出されません。

そのため、糖質制限をすることで「ケトン体ダイエット」を促進させるというもの。

 

糖質に当てはまるものって?

Coconut oil ココナッツオイル

実際に糖質制限を行う場合、それに当てはまる食品は「甘いもの」だけではありません。

私たち日本人が主食としていものも含まれるのです。

  • ごはん
  • パン
  • 麺類
  • イモ類
  • デザート系

こういったものが「糖質」に分類されます。

「糖質」は、1日に摂取する量を調節する必要があります。

 

そして、糖質を制限する代わりに、体に絶対必要な栄養素である「タンパク質」を積極的に摂取します。

具体的には、次の食品を積極的に取る食事方法。

  • 魚介
  • 大豆製品
  • 野菜
  • きのこ
  • 海藻
  • ごま

これらに「ココナッツオイル」などの良質な脂肪を組み合わせて食べることで、ダイエット効果を引き出すのです。

 

 

ココナッツオイル【糖質制限】目安の量ってどれくらい?

 

1日の糖質摂取量:40g以下に抑える

これが糖質制限の目安です。

例えば、どんなものにどれくらいの糖質が含まれているかというと。

  • ご飯1杯(150g):糖質50g
  • コンビニのおにぎり:糖質30g

だいたいの目安はこれくらいです。

どうしてもお米が食べたくなったら「玄米」にしてみたり、できるだけ糖質を抑えるように工夫をしてみましょう。

 

また、糖質の塊である「スイーツ」などのデザート系は避けなければなりません。

糖質を制限し始めると、はじめは「糖に対する依存」がある脳は「糖質」を欲しがります。

しかし、糖質を食べなくなると、自然と「糖質」への欲求を感じなくなります。

 

1日の糖質摂取コントロールをするためにも、商品の成分表を見ると便利です。

糖質の制限さえすれば、あとは何を食べてもOKです。

暴食は控えた方が良いですが、通常の食事制限に比べるととても行いやすいかと思います。

 

ココナッツオイル【糖質制限】、注意も必要

Coconut oil ココナッツオイル

糖質制限を行う場合、注意しなければならない人もいます。

それは、糖尿病の治療をされている方や、病気の治療などをされている場合は、急な糖質制限が身体に異常をきたす場合があります。

 

医療機関に治療されている場合は、糖質制限ダイエットをする前に主治医に相談してみましょう。

ココナッツオイルで行う糖質制限ダイエットは効果的ですが、すべての人に効果があるというわけではありません。

アナタの身体と相談しながら行う必要があります。(→糖尿病だとココナッツオイルダイエットはダメ?)

 

また、ナッツアレルギーの方は「アレルギー反応」が起こる場合もあります。

そういった副作用などにも気を付けていきましょう。(→ココナッツオイルで副作用とは?)

   

>>公式サイトはコチラ!